一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2015.02.05 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

先日、テレビでニュースを見ていたら衝撃的な光景が飛び込んできました。
















これはまずい。




私は長年、総英角ポップ体が持つ不思議な魅力、ハッキリ言ってしまえばダサさに苦言を呈してきました





この3年前の記事に関してはいろいろおっしゃりたいことはあるかと思いますが、
この記事自体が一番ダサいというメタ的な解釈をしていただいたうえで忘れてもらって構いません。
全体的に扱っているネタが古くなり、ますます記事ともどもダサさを増して、正直見ていられません。




ただ、3年4年経ってもいまだにポップ体はダサい人々によって使われ続け、こうした悲劇を生んでいるのです。
なぜここにポップ体を使おうと思ったのでしょうか?誰か止めなかったのか?
ポップ体をチョイスした人が誰かは知りませんが、その人にセンスがないことは言うまでもありません。


またこの写真を見ると、ダサさの根源はポップ体そのものではなく、ポップ体を使う奴だということがわかります。
その場に適したフォントを用いることは、何もポップ体に限った話ではありません。
世の中にフォントを選ぶセンスのない奴らが蔓延っている限り、私はそれを滅していきたいと思いますし、
ポップ体はそいつらがいる限りアツいです。






というわけでポップ体が今、どのくらいあふれているのか、調査してきました。



サブカルハゲ王国・下北沢です。





ケース1.




こうした見出しやポップに用いるのは、ポップ体のポピュラーな使用例であり、
きわめて適した使い方です。
かつては私もダサいダサいと声を荒げてきましたが、
よく考えればポップ体を用いることで親しみやすい印象を与えているのかもしれません。
ポップ体だからとなんでもかんでも否定するのはいけません。





ケース2.広告


ケース3.広告


ケース4.店頭の看板


ケース5.看板


ケース6.看板


ケース7.自販機


ケース8.案内


ケース9.看板

改めて見てみると、街にあふれているポップ体は
適切な使い方をされていることがほとんどでした。

文字自体のダサさや色合いなどから感じる胸糞の悪い感じは若干あるものの、
広告や看板に使うのは合っているのはないでしょうか。






では、少し怪しい使用例をいくつか紹介します。



ケース10.コンビニ



意図不明です。
なぜ「た」だけをポップ体にしたのでしょうか?
これがまさに、センスのない人が作ったもの、です。
というか、センスもくそもない気がします。どうやったらこうなる?







ケース11.某喫茶店



これはとある店舗の一部ですが、このお店はところせましとポップ体が用いられていました。
店舗の何らかの権利を侵害するおそれがあるのでこれ以上は伏せますが、
見たい方はご自身で探してください。
喫茶店にポップ体はそぐわないということがよくわかります。



いろいろ書きましたがポップ体は使う場所によってはえらいことになることだけは
わかってほしいです。
聞いてるかフォントを選ぶセンスのない奴ら。

以下ポップ体の完全に間違った使用例を挙げます。




ウソに見える。








バカっぽい。







やらしい。










恐怖感がない。









そしてこれは「まいばすけっと」という実在するスーパーなのですが、
ここで看板などの表記で使われているフォントはほぼポップ体です。
そもそものことを言ってしまうと「まいばすけっと」っていう店名自体糞ダサいんですが、
なんか、スーパーでポップ体使うとチープに見えないか?胡散臭くも感じるし、
どういうセンスをしているのか。

まいばすけっと、今後要注目であります。




このセンスはなかなかマネできない。







そして、マック赤坂の選挙ポスター。
なぜかこの写真だけバグってこんな表示になってしまいましたが、





しっかりポップ体が使われていました。
ポップ赤坂にはマック体はピッタリですね。







今回はポップ体にのみ言及してきましたが、
悪いのはポップ体ではなく、フォントを選ぶセンスのない奴らだということがわかったので、
今後はアンチ・フォントを選ぶセンスのない奴らとして、場違いフォントに苦言を呈し続けていきたいと思います。




ちなみに、
創英角ポップ体を作っている創英企画という会社のウェブサイトですが、



いまだに更新がありません。この会社、本当に実在するのでしょうか……。

  • 2015.02.05 Thursday
  • -
  • 00:40
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
「株式会社創英企画」のホームページは現在二つ(フォント制作会社、ビルメンテナンス会社)ありますが、前者は最終更新が2008年5月、後者は最終更新日は書いてませんが、コピーライトの欄に2008 Soei Planningって書いてあるので最終更新は2008年と推測されます。
会社名で検索したら求人情報がヒットしたので調べてみたら、後者の方の創英企画の静岡支店の求人(ハローワーク)がありました。ので、後者の方が今現在存在するのは間違いないと思います。前者の方は分かりませんが・・・
  • 名無し捜索班
  • 2014/08/02 17:04
創英企画というのは実際には存在しない
我々は謎の組織に好きなように操られてるだけで
はないでしょうか・・・
面白い記事ですね!今してる仕事のクライアント様からポップ体の使用を物凄く良い言われてて💦
面白くて最後まで読んでしまいました!

まさにその通り!共感しました!

また寄らせてもらいます!
  • jnak
  • 2014/09/12 09:37
わたしも創英角ポップ体に違和感を感じながら生きてきた人のひとりです。創英角ポップ体は必要ないんじゃないかと思っていた時期もありましたが、記事中にあるような適切な使用例をみて必要性を改めて感じました。
もしかすると私がフォントを選ぶセンスのない人かもしれませんが、どこでもポップ体ラーには目を張っていきたいと思います。
  • golashok
  • 2014/11/03 12:48
なぜダメかというのが証明されていていいですね
  • oknmyk
  • 2015/03/18 10:33
都内に異常なほどにまいばすけっとが増えてきており、必然的にダサすぎるフォントが増えてきていることに戦々恐々としています。
  • ああ
  • 2016/02/23 00:27





   
この記事のトラックバックURL : http://dgbtbt.jugem.jp/trackback/14

PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 創英角ポップ体は2014年もアツかった
    ああ
  • 創英角ポップ体は2014年もアツかった
    oknmyk
  • 2012年はダサフォントがアツい!!
    マジレスするとPOP体
  • 創英角ポップ体は2014年もアツかった
    golashok
  • 創英角ポップ体は2014年もアツかった
    jnak
  • 創英角ポップ体は2014年もアツかった
    櫻井幸一
  • 創英角ポップ体は2014年もアツかった
    名無し捜索班
  • 2012年はダサフォントがアツい!!
  • 2012年はダサフォントがアツい!!
    nanzo
  • 2012年はダサフォントがアツい!!
    じゃんが

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM